<   2008年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

貧乏暇なし

e0084224_21472916.jpg

姫路の職場からです~
ここでもタメゲン描いてます。イギリス田舎ホテルという本をトレスしている。内装ばっかりではあるものの疲れました。
こんなにずっと原稿ばかりつうのも飽きたのだ。
[PR]

by nanamako | 2008-03-31 21:47 | 原稿の日々

余裕はないんだけどね

さぼり。

ペン入れとベタ入れが終わった……次からはトーンを貼っていく。
ガラッと作業が変わる感じがする。
ずっと墨汁とお友達だったのが、カッターの出番だけになる。
どうもその辺のスイッチがうまく切り変わらない。
ああ、あとは仕上げかぁ…という余裕が生まれてしまうのか、単にトーンワークを考えたくなくて逃げているだけなのか。
背景のペン入れが驚異的なスピードで終わった時間のゆとりは一気に無くなった。

ちなみに明日から姫路の仕事が始まる。終わったらすぐに大阪の仕事で、それから帰ってきたら、また来月の投稿の締め切りが迫っている時期だ。あるようで、ぜんぜんない時間。一咲くしあげるのに何カ月かかってるんだ~!
ネームに時間かかるのはある意味しょうがなくとも、作画時間だけは一か月以上かかっていては問題外だ。安定してないにもほどがある。
なのに、作れば作るほど慣れていくにもかかわらず、原稿完成までの時間がかかるようになってくる。もうちょっと考えて簡単に作るようにネームの時から計算しなきゃなぁ……。背景が多すぎるんだな、きっと。こういうのって好みの問題だから難しいな。

そろそろゼロナイの原稿もしたいんだけど。今年は時間とれるかしら。
[PR]

by nanamako | 2008-03-30 01:58 | 原稿の日々

張り込み

e0084224_1292769.jpg

背景のタメゲンをコピーして貼り込みしていく。
一気に画面が埋まる快感!
一番最後のコマが貼り込みしたものです。



寝不足のため正午くらいに限界が来た。昼寝しようと布団に入ったら……気がついたら五時半だった。
本気で寝てる!

おかげで寝不足は解消されました~ ……… 今晩寝れないかも(T-T)
[PR]

by nanamako | 2008-03-27 01:29

ベタが終わらず

e0084224_051913.jpg

ベタが入ると引き締まる。
今日一日で神のベタと服のベタをサクッと終わらせるつもりだったのに、結構時間がかかるっ。髪ベタは仕事でもやらないから慣れてないんだなあ。

昨日寝たのが三時半。
起きたのが八時半。

そろそろ寝ないと睡眠の負債が溜まる……。
[PR]

by nanamako | 2008-03-26 00:05

背景オワリッ

e0084224_2294232.jpg

わあ、背景のペン入れ終了~

すっごい! 朝からの一日分の仕事量だけで30pの原稿ができてしまった…(背景が)

仕事で背景を描くことを含めて、未だかつてこんなペースで絵を描けたことがないっ!!
自分でもびっくりするくらいの集中力で描けました。あんまりサクサク進むから、背景のペン入れという大っきらいなはずの作業が楽しく感じたほどです。

なんでかな?

と、謎の集中力の原因を考えていて、わかった。

今、風邪を引いてるんですよね。
数日前から。
で、葛根湯を飲んでいたんですけれど、母が市販の薬を買ってきてくれまして、それを今日から飲み始めたのです。
そしたらなんか体がふわぁ~~っと弛緩したような、ふわふわとしてるような、きんもちいい~感じになってきまして。
何が気持ちいいのかって、「あ、今肩こりがない」という快適さ。
肩の痛みがないというのは物心ついたあたりまでさかのぼらないと思いだせない。
常に痛いが、それが当り前であんまり意識はしてない。
無意識に右手で左肩をぐりぐり押したり首を回したりはしている。ペン入れしたりすると、体を左腕で支えるためか、左肩がつります。
一瞬びきっとつるのではなく、硬直したまま動かせなくなります。焼けつく痛みに一ミリ動かしただけで地獄の雄たけび。

風邪ひいたらさ。
風邪薬には痛み止めってのが入っててさ。

肩こりとさらばできるんだねっ!!!


そったらば、ものっそい集中できる。今まで一こま描くたびに、絵の一区切りつくたびに、小休止というか体が止まって「ふぅ~」とやる気がそがれていたのに。
「はい、終わった。次、はい、次」
って感じで、次の作業に入る時にためらいがない。インターバルが全くない。小休止いらない。
集中力は作業が途切れるとだめなんだと、初めて知りました。

なんだよ。

集中力のなさって肩こりのせいだったのかよ!?

たかが肩こり。
されど肩こり。

侮れません。侮ってはいけません。しかし、凝りがない状態を痛み止め意外で体験できたことがないので、肩こり解消の手段がわかりません。運動したって五分机に座ったら元通りだい!
ケンシロウのように、肩と首の筋肉モリモリつけたら解消するかな?

そんな自分は見たくない。
[PR]

by nanamako | 2008-03-25 02:29 | 原稿の日々

タメゲン終了

e0084224_0403599.jpg

これでようやく本文の背景のペン入れに入れます……ぜーはー
[PR]

by nanamako | 2008-03-24 00:40

たくさん

e0084224_20232813.jpg

同じものが沢山あると、顔がにんまりする。特にチープな文具品が大量に手元に有るという状況。なんて幸せなんだろう。使っても次がある安心感。
ダイソーよ、ありがとう。
ボールペンには困らなくなった。ふとした拍子に書きたいことがあると、すぐ脇にボールペンがある。
最高だ。
こんな調子でどこにでも常備しておく。
最上だ。

小さな幸せ。


でも気がついたら一本に減っているのはなぜだろう?
[PR]

by nanamako | 2008-03-23 20:23

今日は小休止

ここ数日朝早くに起きて運動した。

…したら、反動がドバっときた。今日は体が辛くて昼過ぎまで寝る。十三時間も寝ていたことになる。
五時間睡眠とか六時間睡眠とかが三日続くともうだめらしい。
こんなに漫画家に向いてない人間もあるだろうか。
漫画家はいい年していても、締め切り前はアシスタントの仕事を作るのに追われて三時間睡眠が十日くらい続く。長いスパンで描き下ろしの仕事をしている人なんかはこれがもっと長い期間続く。
あたしゃ無理だねぇ……しみじみ。

しかし、本末転倒だな。
睡眠が不足してる分を取り返すために体が要求した睡眠時間は、すっきりとした爽快感を与えてくれるが、それが原因で今夜はなかなか眠れない。
だからほどほどにしろっつうの。
毎日早起きしてお仕事しておられる方は、満足するまで寝てみたいと思われるかもしれませんが、満足するまで寝たら次の日は結局睡眠不足になります。
ということは、人間はすっきり爽快!を味わう手前で満足しておかなければならないということです。つまり、常に物足りなさを感じて生きていかねばならないということなのである。(大げさなっ)




今日は、夕方から出かけたので、遅く起きたことも手伝って原稿作業はちっともやらず。
小休止ということにしておく。
明日からがんばる。次の姫路の仕事が29日からだから。それまでに何とか……なるかなぁ。(ほんとはサクっとできる予定だったんだけどな…背景に懲りすぎてるのかも)
[PR]

by nanamako | 2008-03-23 01:56 | 日々を重ねる

上がってゆく

e0084224_214352.jpg

自分で言うのも何だけど綺麗に描けた。
仕事で描くより丁寧に線を引いた。
[PR]

by nanamako | 2008-03-21 21:04

早起きは二日分の働き

今日は朝の六時半に起きました。
昨日寝たのがなんだかんだ二時過ぎ。普段から言ったらかなりの寝不足です。
けれど、いい加減朝型人間になりたいので強制的に寝不足になってみようかと。そうすりゃ夜は寝れるはずだ!
日光を浴びれば効果も出るだろうと、起きてバナナを食べた後に二十分の散歩。雨の中。寒さに震えて冷え症が悪化する。
朝ごはんをたらふく食べて昼ごはんのうどんが気持ち悪い。
夜ごはんは六時に鍋。
三食食べるとずっと食べてないといけないんか! というペースで食事時間。
お腹がすく暇がありません。

でも朝の九時に兄と姪っ子が来て、間食はしっかりと摂る<だからじゃん!
最近本当に姪っ子がしょっちゅう家にくる。
たまになら可愛いけれど、しょっちゅうだと正直……うざいよ。

「遊んで攻撃」をかわして午前中はなんとか原稿にいそしむも、夕方からは完全に捕まった。全く机に向かうことができず。それでも早く起きたおかげでいつもよりはすすみ、タメゲンの下絵はすべて完成。そして一枚ペン入れもほぼ完成。いつもならこのままペン入れを進めるところだけれど、今日はもう寝よう。せっかく強制的に寝不足なことだし。

・・・・・・なのに、眠くないのはどういうことっ。

疲れてはいるんですよ、ものすごく。目もしょぼしょぼするし、風邪ひきのため鼻はずるずるで、熱もある。腰はギシギシ悲鳴をあげて首は起こせない。ばばあのような姿勢でさらに体はしんどい。

なのに、眠くないのはどういうことっっ!!


強制的に寝不足でも、無理やり眠ることの何と難しいことか……。
自然に眠気が襲ってくる感覚、あんまりに長いこと体験してないせいでもう思い出せないなぁ。
[PR]

by nanamako | 2008-03-21 00:03 | 原稿の日々