<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

また一年 もう二度とない一年

走馬灯だ。
私の一年の感じ方ってのは多分、同年代の方とは違うはず。
なぜなら、普通の人とは生きて動くタイムテーブルが圧倒的に違うから。
どちらかと言うと、定年退職された方と同じような感覚なのだろうと思う。
そもそも一か月の月日の感覚って、皆様思い返すと結構長く感じるものだと思うのですよ。早い早いと言いながらも。

私の場合は、それは小学生の夏休みのようなものなのです。
一週間ほど仕事したあと、一か月近く休がる月がある。(つうか割とそう)
この割りとある休みってのは厄介でですね、たまに休むからこそ休みは有意義になるんです。
休みは特に休みではなく日常という名に変わる。
変化はない。
たまに遊びにも行くけど、全く外に出ないで終わる日もある。
お家大好き人間にとっては、一日の時間はとても速い。(なぜなら何もしないから。それが至福)

思い出してみてください。
小学生の頃、一学期間がえらく長く感じませんでしたか。三か月も休みまであると考えるとげっそりしませんでしたか。
そして、夏休みが始まった瞬間は一か月もの長い休みに胸をときめかせていたものの、とくに何をするわけでもなく、いや、何もしないからこそ時間はあっという間に過ぎてしまい、学校に通っている時に比べたら一か月の月日のなんと早いことか。(そりゃそれなりに色んなことはしていたけれど、人に会う数は学校に行っている時より圧倒的に少ない)
毎年時間に油断して、夏休みの最終日にどうにもならない宿題の残りの山を睨みつけていたのは、私だけではなかったはず。
長い一日。
のんべんだらりと過ごす日は、脳味噌の記憶があいまい。
だから、思い返すと長い一日で括れてしまう。

幼い子供が一日を長く感じる現象は、それだけ一日に感じることが多いからだと言われている。毎日毎日、発見することばかりで、感動や印象に残ることがたくさんある。
感情を揺り動かされる。
動かされるままにぶちまける。
うれしけりゃ笑い、起これば癇癪を起し、怖ければ容赦なくどん底まで落ち込む。
その起伏が心の琴線に月日を刻む。


つまりは現在。ああ……人に会う数が圧倒的に少ないなぁ…と。


私の一年の月日の流れは12回。
それは大阪の仕事が毎月始まる時が、新学期が始まる瞬間であり、長い一日が明ける時なのである。
この際姫路の仕事は関係ない。精神的にとてもしんどいのは大阪の仕事なので。大阪の仕事が来ることが、唯一の時間の区切りだ。

で、それが12回。

仕事が終わると、だらっと力が抜けて、気がつけば次の大阪の仕事が来ている。
あれ?まだ時間あったはずなのに、なんで? 一か月なんて一週間くらいにしか感じない。

なんとかかんとか毎回一週間の修羅場をこなして、12回耐えると年末である。

言い換えると、一か月が一週間で終わっているようなものなのだろう。
それってどうなのよ?

だらっと過ごすオフってのは、本当に体力的にダメージが出てくたばっていることが多い。そういうこともあって、余計に時間は早く過ぎる。
いや、思い返しても、心に残る鮮明な記憶ってのが少ないんだろうな。

さ、さみしい人生だ……遠い眼

いいんだ。今日は寄り集まって酒盛りするし!
これこそまさに年忘れだし!


そんなこんなで、今年一年お世話になった方々、どうもありがとうございました。
また来年も懲りずによろしくしてやってくださいませ。
寒くなってくると、とたんに体調崩してばかりですが、遠慮なく誘ってください。遊びはやめたくありません。
では。
よいお年を。
[PR]

by nanamako | 2007-12-31 17:11 | 日々を重ねる

よかった…

昔、とある事件を起こして仕事を干された漫画家が、とある雑誌で完全カムバックを果たした。
ワタクシ、この漫画家がだいだいだい大好き。
少女漫画家でしたが、いまはもうちょっと大人なジャンルで描くことになった。
しかし、やっぱりどんなテーマで描こうとも、面白く転がせる人だ。
なんかなぁ、尊敬しちゃうんだよなぁ。
それだけに、事件があった時はけっこうショックだった。
こんなことで才能が埋もれてしまうことになるなんて!と、講談社を恨みもした。かばってくれたらよかったのに!と。
社会的な保障が何一つない漫画家だけに、いきなり仕事を干されてしまう状況はなんとも他人事とは思えなかった。

でもよかった。
巻頭カラーで連載スタートだ。わーい。
実力があればこれから安泰だな。わーい。

惜しむらくは、今までの雑誌掲載された分でまだコミックスになっていない話を読んでみたい。同じ講談社だし、コミックス出してくれないかなぁ。
ひそかにこの人の作品、コミックス未収録の分が、オークションで高値でやり取りされてます。50pくらいの作品が8000円とかでした。
買おうと身を乗り出してなんとか思いとどまりましたが、めちゃくちゃほしかったです。
読むと脳内妄想イメージがすんごく湧くんだもん。
ああ……これだけの才能が私にあればな。

若くしてデビューされた方なので、私より少し年上だと思いますが、同年代だと思っている。
この人の職場に押し掛けてアシスタントになりたい。大阪に住んでいらっしゃったら、名乗り上げるのに~。公募してくれないかなあ。ああ、東京じゃ無理だ…(泣)
[PR]

by nanamako | 2007-12-30 21:37 | 読んでる本

怒涛の夢の疲れかな

叱られる夢を見た。
男の人がうちのダイニングに座って、私を待っている。
私は調子が良くなくて、夕方まで眠っていた。シミーズ一枚でよろよろと起きて水を飲もうとキッチンに行ったらその男がいて、なぜだかものすごく憤慨している。
どうやら私は彼となにか約束をしていて、その時間をとっくに過ぎていたらしい。
私のためにわざわざ時間を作って待っていたのに、(ええと、なにかお勉強をするためかなんかだった)今まで寝ていたことに対して、どういうことだと怒っている。
私はほとんど裸に近い恰好でダイニングのこたつに正座して、男の説教を受けていた。
はっきりいって全然知らない人だ。
眼鏡をかけて細面の、少々私より年齢が上の人だったのだけは覚えている…醤油顔だったかな? 
説教のあと、ふてくされた私はベランダに出た。

夢の中なので、実際のベランダと違い、病院のベランダのように隣の家との境の壁はない。
しばらくたたずんでいると、気がつけば辺りもすっかり暗い。
もうそろそろ戻ろうとすると、どうしたことか、どのベランダの窓も同じに見える。
はて、私の家がわからない。

ここかな?

と思って恐る恐る開けてみると、はたしてそこは知らないお家だった。
家の人に見つかってはいけない、と私はこっそりと窓を閉めて、隣の我が家に戻った。

さて、そこからが急展開。

なぜか警察がやってくる。
隣で殺人事件が起こったらしい。それも、殺害推定時刻は狙ったかのように、私がベランダでたたずんでいた時間だ。
当然の流れのように私が犯人だと疑われ、警察にしょっ引かれそうになる。

そこでスポットライトが当たる!!

「スペシャル番組! 隣の犯人を探せ!」

フリップボードを持った回答者たちがマンションのロビーに勢ぞろいしている。派手な格好をしたみのもんたが、マイクを振りかざす。クイズ番組にありがちな、回答者の席に並んでいるのはよしもとのお笑いたちだ。
「犯人の使ったトラップを明かせ!」
との題が始まる。
次々に解党されるトラップたち。
あの時最初に聞こえた銃撃のような音は、実は植木鉢に仕掛けられたたばこによる時差次元スイッチを使って、クラッカーが鳴ったためであり・・・・うんぬんかんぬん。

ええ、クラッカーの音なんてしなかったけど!??

と、最大の疑問を感じたところで目が覚めた。

ほんっとうに怒涛の展開の夢だった。
最初から最後まで不愉快なだけの夢だった。
なにより一番いやだったのは、ほとんど裸で正座で叱られたことだ。

ワタクシ、なにかこころにやましいことがあるのだろうか。ちょっと真剣に考えた。
[PR]

by nanamako | 2007-12-30 02:23 | 夢を見る

たまるだけ

最近、ブログで増えていくのは未公開のオリジナルネタばかり。
いつもは、手で自由奔放に書く利便性から、メモ帳に書きなぐることの方が多いのですが、パソコンの前にいるときは、ブログを利用することを思いついた。
後で見返すときに少々めんどくさくはあるが、断然書くのはこっちの方が早いから、どっこいどっこいの利点である。

さて、今日は三本ほど考えた。
セリフまで考えて簡単なエピソードと場面を書いただけのメモなので、設定だけよりは詳しく、プロットと言うにはちょっと弱い。

妹が本気で好きというブラコンの兄を持つ女の子と真面目に付き合っている男の子が主人公の話。
なんてえものを、ふと思いついたんですけれど。
こんな兄がいたら、そうとううざいですよね。男からしても、妹からしても。
しかも兄とは血がつながっていない。
女の子が主人公の設定は結構見かけるけど、その彼氏が主人公になったらどうなんだろう…と、ぼんやり考えてしまい。けっこう転がし方によっては面白いかも? と思っておる。
でもなぁ、正直転がすのは苦手である。
小説で書くならまだしも、漫画か…漫画なぁ…。ページ数の制限の壁はそうとうに厚いんだよ。あれがなければ楽しんで描けるんだけど。少ないページ数では、一番楽しいと思える部分を全部カットするばかりだ。大まかな流れしか表現できない。そこが一番嫌い。
(だから個人誌ってやつは大好きだ)

ま、いいや。こういう非生産的な妄想でも、仕事と思って来年こそは頑張らねば<もう来年に回してんの!?

イメージはね、たくさんわくんですよ、イメージは。

転がってくんないかな。
おにぎりころりん。
[PR]

by nanamako | 2007-12-30 02:08 | 原稿の日々

危機感察知能力はいずこ

無意識に手が伸びる。
なぜだろう、前にいる女の子のランドセルを鷲掴みにして、手前に引っ張る。
傾ぐ幼いからだ。
支えるものがない体はそのまま地面に倒れた。
その途端に、響き渡る泣き声。
風が、前を横切ってゆく。目の前の横断歩道を車が通ったのだと、認識した。

自分の手が茫然と残される。
何をしたんだろう、今。

我にかえって「ごめん!」と叫ぶ私。目の前に転んで泣いている友達に、猛烈に申し訳なさがこみあげてくる。けれど、自分の取った行動がよくわからない。
オロオロとひたすら謝る。

「何いってんの! 今のはあんたが助けなければ、Aちゃん、車にひかれてたんだから謝るな!」

前方はなれた場所から駆け戻ってきた、登校班長が怒鳴る。
助けた?
思い返してみる。
確かに、私がAちゃんをひっぱって転ばさなかったら、あの勢いで突き抜けるように走り去った車に跳ねられていただろう。
だけど、私には助けたつもりはないんだ。
もちろん、いやがらせをしてやろうという気持ちもなかった。
だから、どうして手が伸びたのか分からなかった。

車が来ていたことを察知していたわけじゃない。当然ながら、危険を感じて手を伸ばしたわけじゃない。なのに、気がついたらAちゃんのランドセルを強く引っ張っていた。
無意識で。
だから、泣かせてしまったことに強い罪悪感を感じて謝った。
班長はそれがAちゃんを助けるためだったと言う。
助けるつもりなかったのに?
車の存在も分からなかったのに?

小学五年生くらいの時の朝の通学の思い出だ。
時々、今でも思い出しては不思議になる。
あの時確かに無意識だったのに、どうして手が伸びたのだろう、と。結果、目の前を車が通りすぎた。Aちゃんは助かった。
でも、たまたまだったのでは?
あのとき車が通り過ぎなくても私はAちゃんを転ばしていたかもしれない。
そう、思う。
だったらただの嫌がらせだ。

けれど私が無意識にそういういやがらせをする理由も思いつかない。
もしかしたら無意識に危険を察知していたのかな。
なんか察知能力なんてものがあったのかな。

だとしたら、どうして今はそういう察知能力ってないんだろう?

かつてはもしかしたら鋭い感性?を持っていたのかもしれない自分。
そういえば、団地の四階から上が妙に怖かった。
取り壊しが決まった施設、ゆうかり園の中に入ったとき、電灯のともらない薄暗い廊下になぜか霧のようなものが漂っているように見えた。
後で母に「そういう場所には近づいてはいけない」とこっぴどく怒られたことがある。

今ではすっかりそんなこともなくなり、鋭さのかけらもなくなってしまった。
怠惰な生活のせいか。
幼さゆえの特別な能力だったのか。
[PR]

by nanamako | 2007-12-29 00:59 | 日々を重ねる

真剣勝負!

e0084224_19311255.jpg

頑張れ! 君の汗に乾杯!

コーヒーミルとの格闘。戦士レナ
[PR]

by nanamako | 2007-12-24 19:31 | 日々を重ねる

力作

e0084224_191327100.jpg

姪っ子とクッキー作り。
こういう工作は、むしろ大人のほうが夢中になるもので。

アンパンマンシリーズは全て大人三人が一心不乱に作った。(笑)
チーズの耳とアンパンマンは残念ながら焼き上がったときに壊れた~!
柔らかいときに触っちゃいけませんですね、はい。
[PR]

by nanamako | 2007-12-24 19:13 | 日々を重ねる

鬼気迫る夫婦?

今日は、母の友人であり、私が幼いころからお世話になっているご夫婦を自宅に呼んで、食事会をした。
そのご夫婦に会うのは一体何年振りだろうか。少なくとも五年は会っていない。その五年前だって、ちらっとすれ違いにあいさつを交わしたくらいで、まともに話をするのは中学二年生以来という…実に実に久方ぶり。
お会いしてみると、なんだかご主人の方の印象が変わっている。私が中学生のころに感じていた近寄りがたい雰囲気がない。全体的にまあるくなられた。現在54歳。

ご夫婦は、とても正反対の性格をしたご夫婦だった。
旦那は完ぺき主義のエリート。妻はおおらかで物事にこだわらない人。結婚した当初は、そりゃお互いにしのぎを削った?とか。
私が記憶している二人の様子では、電灯の球を変えるときですら、夫が椅子の上に登って妻が支える瞬間、変える球を差し出す瞬間、緊張が走り鬼気迫るふたりだった。

旦那の両親も完ぺき主義。両親の親も完ぺき主義。
とにかく失敗したら怒られる環境で育った彼は、当然のごとく完璧主義として成長する。
悪い成績を取ると怒られる。何かしても、認められることはない。
完璧に物事をこなさないと愛されないんじゃないかと思いが常にあった。

しかし、妻の彼女は正反対の幼少期を過ごす。
成績表で三をとっても全く気にしない。親が「よかったねー」と認めてくれる環境だった。
それを聞いた旦那は、かなりびっくりしたという。
そんな彼女は結婚してからも、できないことがあっても全く気にしない。
落ち込みやすい旦那を見ても、自分は「どうやったら落ち込むことができるのかわからない…」と思うつわものだった。

そんな彼女を見ていて、彼は思う。
「ああ、できなくても愛されるんだなぁ(自分が愛してるからってことで!(笑)) 愛される時は愛されるのだ」

朝起きたら、ピシッと整えないと気が済まないシーツも全く気にならなくなり、潔癖だったことが今となっては全てなかったことになる。
なにか失敗しても妻に
「よかったね、いい体験ができて。失敗しなきゃ失敗した人の気持ちがわからないままだもの。」
完璧主義という病気が治った。
彼はそう言い切った。
結婚してからずいぶん楽になった、と。

この話題中ずっと大爆笑だったけれど、どちらかというと自分に駄目出しばかりしている私にはとても心に響くエピソードだった。
良い方向に向かう努力をすることは大前提としても。
できなくても自分にダメ出ししなくてもいいんだなぁ。
こうしなくちゃいけないんだ! と思わなくてもいいんだなぁ。
[PR]

by nanamako | 2007-12-23 21:22 | ことのは

明日はバレエ鑑賞

明日はずいぶん以前からチケットを確保していた、シルヴィ・ギエムのバレエ公演に行ってまいりまする~。
実は情けないことに、今日まで明日が二十日だということに気がつかなかったんですよ。もう少しで明日も気づかず、公演を見逃すところでした。
ギエムの公演を忘れていたわけではなく、世間というものから隔絶された生活してると、ホントマジで曜日が吹っ飛ぶ。
仕事中なんてテレビは見れない、新聞見れない、世間の話題にはついていけない。
帰ってきてからずっと臥していた私は更に浦島太郎。

うーーんっ

さすがに、これはいけないんじゃないか?

ふだんから時事に疎い私ではあるけれど、さすがに最近このままではいけないと真剣に考えるようになってきたよ…。
とりあえず、てっとり早くここ最近の時事関係の流れを詳しく説明してくれるブログとかないかなぁ。
[PR]

by nanamako | 2007-12-19 19:41 | 日々を重ねる

腰、限界

仕事が終わってから、脳細胞が死滅するんじゃないかと思うくらい、寝倒した。

腰に限界が来た。

体が鉛のように重い。

明らかに寝すぎ。でもそのせいで体がしんどくて動くこともままならない。悪循環だ~。
寝すぎになってるのもそもそも体調が悪いからなんだけど……このままじゃあ、人間としてダメだろう。

一日12時間睡眠なんて!
[PR]

by nanamako | 2007-12-18 17:50 | 日々を重ねる