カテゴリ:日々を重ねる( 141 )

スパーク

目の奥がじくじくと。痛い
乾燥してひりひりするのを抑えるために目を閉じると、ぐるぐると地球が回る。頭も揺れる。グラグラ。
目を開くとなんでもない。
閉じると再び襲うめまい。
なんだぁ?
目を閉じてる方が眩暈がするってのも変なの。光過敏症がまた出たのかな・・・。
[PR]

by nanamako | 2008-03-08 02:44 | 日々を重ねる

これもトキメキ

ひさびさに、ピアノの音が恋しくなった。

手元にあんまりクラシックピアノのCDがないので、無料ダウンロードできるサイトを探して聞いてみる。パソコンで聴いてもあんまりいい音質じゃないからなぁ…と思いながら。

でも、久々に聞くショパンはやっぱり良かった。
ショパン大好き。
特に雨だれ大好き。(そのサイトでアップされてた音源はフジコヘミングさんの音で、柔らかすぎる音は私の理想の雨だれではなかったのですが)
そして、ベートーベンの月光。切なくなりました。
聞いてて切なくなったのは初めてだ、月光。
つか、自分でこういうのが弾けたらいいのに!! ああ、くやしい。
身近でピアノ弾ける人がいたらいいのになあ。ピアノはあるのに、誰にもひいてもらえないんてかわいそうだ。

久々にピアノが弾きたくて弾きたくてしょうがありません。前の家に置いてきたピアノ、やっぱり移送しちゃおうかなあ。…マンションか、クレーン搬入か……料金はいくらだ、こんちきしょう。
[PR]

by nanamako | 2008-03-04 01:13 | 日々を重ねる

えっ 三月?!

あいや 気がついたら二月終わってんの!?

スキーから帰ってきてから、ずっとぼんやりしてたらもうこんなに日数が??

私の、動いた後のぼんやり癖っていうのは相当ひどいものだという認識はありますが、さすがに月が変わったのに気がつかなかったのには…あきれる。
そうかあ、二月って日数が少ないんだもんね。ことしはうるう年だけど、でも二日少ないんだもんね。締め切りのある仕事があると、一日二日の違いって大きいなあ…と実感しております。
そういう私はスキーのあと、原稿放置です。
背景なんて描きたくねえや。

明日また姪っ子がやってきます。お友達がうちに来る予定だったんだけど、鉢合わせになっちゃうなあ。やだなぁ。正直、頻繁に来られるとうるさいなぁ……一時間だけならいいんだけどなぁ…ぶつぶつぶつ。三歳児の言語能力の発達の速さに毎回驚かされながらも、その判断力のない語彙選択には少々のつっこみを入れたくなるのは、私の修行が足りないところ何でありましょう。いや、この突っ込み具合を覚えて、ノリ突っ込みを覚えていくのが関西流…?
[PR]

by nanamako | 2008-03-01 23:14 | 日々を重ねる

雪山に行く前に

明日っから雪山に向かうぞ~。
その前にちゃんと用意できたかな~? 何度考えても何か忘れてる気がするんだなぁ。あ、そうだ、いかんいかん、お金が千円しか入ってなかった。 初めてのお使い状態になったらシャレにならん。

つうことで……。


持ち物検査―。



おやつは?   持ってませーン。

ウエアーは?   持ってませーン。

ゴーグルにグローブは?   持ってませーン。



夜のお楽しみは?   おちゃけ持ちました、隊長。

目を保護するための?   百円グラサン買いました、隊長!

雪山といえば?    ABCチョコレート!!!



これでばっちりですね。 隊長!
[PR]

by nanamako | 2008-02-22 00:15 | 日々を重ねる

ビルダーがないの

どうせ毎日毎日絵を描いてるんだから、ついでになんかサイトの更新でもしてしまえー!
と、勢いに乗せてラフ画ではあるもののイラストを描いて、めちゃくちゃ簡単に色付けしたものを作りました。ふっふっふ。なんでもいい、久々にジョーを描いたのだ。
でも、ハタと気がついた。

ビルダーがないじゃーん!!!


そう、兄に貸しているのであった。
パソコンが変わったからビルダーをインストールしなくてはならなかったのに。この間襲撃してきたときには返してもらってない。次にうちに来るのは一体いつなんだろう。少なくとも来月以降だなぁ。
残念ながら、ビルダーがなければ私はなにも編集作業ができません。
そしてFTPをどっかから拾ってきて、送信するのも無理。
無理の二乗。

まあ、原稿に集中しろということなんかね。

ようやく少しだけペン入れに入りました。目の部分だけ先に入れていく。それを細線というのですが、この作業を先にしておかないと何となく決まりが悪い。
ペン入れをするとき、丸ペン一本で描いてしまうので、細線で細い部分をまず入れてペン先が若干つぶれてきたら次に細い線である髪の毛だけを一気に入れていき、さらに服の細線、そしてようやく最後に主線をじゃかじゃかーっと入れていきます。
この最後の主線だけが唯一好きな作業です。が、ここに至るまでが長く神経を使う場所であり、失敗したらやり直せない顔の細線なんかは緊張するから大嫌い。眼の中なんて細かいから嫌いだー。狙ったとおりなかなかできないから嫌いだー。せっかく鉛筆でいい感じにできててもペン入れで目が死んだりするから最悪だー。ペン入れ一つでものっすごく変わるから真剣だー。

つうことで、ざっかざっか気持ちよくできる主線が好き。
でもこの作業…細かい作業をすべて終わらせてから入るから、すぐに終わっちゃうんだよね…ふ。

今日は(つうか昨日)朝の八時に起きました。
仕事の時ですら朝の十時起床なのに、八時から起きてごはん食べたらすぐに原稿して、この時間まで起きている。寝る前は当然(おい)本を読みながらなので、結局三時は過ぎるだろう。
明日は又早起きできなかったら、規則正しい生活なんてイスカンダルまで飛んで行ってしまうなあ……。いや、そうした結果飛んで行ってしまうのは、私の軟弱な自律神経だ。

ねよ。
[PR]

by nanamako | 2008-02-16 02:40 | 日々を重ねる

無謀な計画

今月、仕事が終わってからスキーに行こうと計画してます。
突発的な計画ですが、スキーに行くこと自体は何年も前からずっと行きたいと言い続けていたので、気分的には全然急なことじゃない。
決めたのは、京都の薄暗いホテルの一室、寝る寸前のふらふらな時に、ホロリとこぼれた「スキー行きたい! 来月だ!」の一言。
目の前にはのりのいいeさんがいたものだから、あっけなく計画が決まってしまった。

ただ問題は、私の体力だ。
交通機関の乏しい、私の住んでいる場所から長野まで行こうと思ったら、どうしても夜間バスを使うことになってしまう。前日泊りで行くことも考えたけれど、それでも結局七時間はかかることになり、乗り換えを考えるとしんどさは変わらないかなぁ。

「あんた、なんて無謀な! 雪の嫌いな人のくせに。体力なんて地の果てに投げ捨てたくせに。生きて帰ってこれないんじゃないの」

と、これは姫路の仕事に行っている時にスキー計画の話をしたら、いつもは温和な先輩にスッパリと切られてしまった一言。
この人にこんなふうに言われてしまうほど、はたから見て危うい計画なのか…。
しばし悩む。
いや、しんどいのはいい。
問題は、倒れて腸炎でも起こして、他人に迷惑がかかったりしないだろうか。ってことだ。

やっぱり前日泊りしようかなぁ…(交通費倍だ)
[PR]

by nanamako | 2008-02-03 13:51 | 日々を重ねる

気力は凪ぐ

眠い。

ひたすら眠い。

やらなきゃいけないことが意識から遠のいていく。

次の仕事まであと数日しかないのに……このままではやばい。貴重な休日にネームもしたい。
でも凪いだ気力はなかなか言うことをきかない。

仕事中、あれだけ「帰ったらあれもこれもしたい」とわき上がっていた気力はいったいどこへ消えてしまうのだろう。
人はそれを現実逃避と呼ぶ。
いざ時間ができたら、今度は楽な方に流れてしまうのは本能というものだろう。
しかし次に帰ってきて時間を持てるのは10日以降になってしまう。それまで何も手つかず? それは避けたいものだ。

とりあえず……今日は、体の休養日ってことで。寝る。どうしようもないもん、この眠さは。
[PR]

by nanamako | 2008-01-31 18:14 | 日々を重ねる

オタクサマとの会合

土曜日からオタクサマとの会合してました。
例のごとく大阪まででかい荷物を引きずって、二泊のお泊りです。

いつも、あわただしく動きまわるので、話もあんまりできないということで、今回は某オタクサマのおうちに上がりこみ、ダラダラダラダラと話をする。
DVDをかけながら、ずっと話す。

気がついたら何にもしてないんだなぁ。

ま、オタクサマ会合らしくていいかも。


明日は京都うろつく予定♪
[PR]

by nanamako | 2008-01-20 21:23 | 日々を重ねる

ばばさま わたしも…

年始にばばさまの入院する病院へと、家族全員で出向いて行った。
ばばさまは、もうずっと寝たきりで、自分で寝返りも打てない状態。
顔を合わせても誰が誰だかわかっていない。
でも、表情が優しいんだな。
強情だったけどいつも穏やかだったな。
キーキーと癇癪持ちの私とは、顔が似てるのに性格は全然似ていない。

なんだか悲しくなった。

そりゃそうと、ずっと寝たきりで一時間半に一度寝返りをしてもらうばばさま。
体が痛いだろうと思う。
なぜなら、私も最近寝ていると体が痛い。
ギシギシいうのです。
起きてても肩こりがひどく、背筋が伸びないのに、寝ている時すらいたいなんて、一体いつ体は休まるのだろう?
運動して初めて酸素を取り入れることができるのか?(そして乳酸は良い睡眠のためには必要不可欠なのであった)

人間、動くように作られているのですね。しみじみ……。
[PR]

by nanamako | 2008-01-06 16:01 | 日々を重ねる

また一年 もう二度とない一年

走馬灯だ。
私の一年の感じ方ってのは多分、同年代の方とは違うはず。
なぜなら、普通の人とは生きて動くタイムテーブルが圧倒的に違うから。
どちらかと言うと、定年退職された方と同じような感覚なのだろうと思う。
そもそも一か月の月日の感覚って、皆様思い返すと結構長く感じるものだと思うのですよ。早い早いと言いながらも。

私の場合は、それは小学生の夏休みのようなものなのです。
一週間ほど仕事したあと、一か月近く休がる月がある。(つうか割とそう)
この割りとある休みってのは厄介でですね、たまに休むからこそ休みは有意義になるんです。
休みは特に休みではなく日常という名に変わる。
変化はない。
たまに遊びにも行くけど、全く外に出ないで終わる日もある。
お家大好き人間にとっては、一日の時間はとても速い。(なぜなら何もしないから。それが至福)

思い出してみてください。
小学生の頃、一学期間がえらく長く感じませんでしたか。三か月も休みまであると考えるとげっそりしませんでしたか。
そして、夏休みが始まった瞬間は一か月もの長い休みに胸をときめかせていたものの、とくに何をするわけでもなく、いや、何もしないからこそ時間はあっという間に過ぎてしまい、学校に通っている時に比べたら一か月の月日のなんと早いことか。(そりゃそれなりに色んなことはしていたけれど、人に会う数は学校に行っている時より圧倒的に少ない)
毎年時間に油断して、夏休みの最終日にどうにもならない宿題の残りの山を睨みつけていたのは、私だけではなかったはず。
長い一日。
のんべんだらりと過ごす日は、脳味噌の記憶があいまい。
だから、思い返すと長い一日で括れてしまう。

幼い子供が一日を長く感じる現象は、それだけ一日に感じることが多いからだと言われている。毎日毎日、発見することばかりで、感動や印象に残ることがたくさんある。
感情を揺り動かされる。
動かされるままにぶちまける。
うれしけりゃ笑い、起これば癇癪を起し、怖ければ容赦なくどん底まで落ち込む。
その起伏が心の琴線に月日を刻む。


つまりは現在。ああ……人に会う数が圧倒的に少ないなぁ…と。


私の一年の月日の流れは12回。
それは大阪の仕事が毎月始まる時が、新学期が始まる瞬間であり、長い一日が明ける時なのである。
この際姫路の仕事は関係ない。精神的にとてもしんどいのは大阪の仕事なので。大阪の仕事が来ることが、唯一の時間の区切りだ。

で、それが12回。

仕事が終わると、だらっと力が抜けて、気がつけば次の大阪の仕事が来ている。
あれ?まだ時間あったはずなのに、なんで? 一か月なんて一週間くらいにしか感じない。

なんとかかんとか毎回一週間の修羅場をこなして、12回耐えると年末である。

言い換えると、一か月が一週間で終わっているようなものなのだろう。
それってどうなのよ?

だらっと過ごすオフってのは、本当に体力的にダメージが出てくたばっていることが多い。そういうこともあって、余計に時間は早く過ぎる。
いや、思い返しても、心に残る鮮明な記憶ってのが少ないんだろうな。

さ、さみしい人生だ……遠い眼

いいんだ。今日は寄り集まって酒盛りするし!
これこそまさに年忘れだし!


そんなこんなで、今年一年お世話になった方々、どうもありがとうございました。
また来年も懲りずによろしくしてやってくださいませ。
寒くなってくると、とたんに体調崩してばかりですが、遠慮なく誘ってください。遊びはやめたくありません。
では。
よいお年を。
[PR]

by nanamako | 2007-12-31 17:11 | 日々を重ねる