田舎のくせに……(怒)

本屋で立ち読みしていたら尻に違和感!!
ばばっと振り返ると、やけに近い場所にいた、後ろ向きに立つ男がささっと離れた。

とたんに鳥肌。噴き出る冷汗。毛穴が開くっつうの!!!!(怒)
怖気が走るっ!

田舎の本屋で何考えてるんじゃっ。阪急電車じゃあるまいし。三十も超えたいいおっさんがっっ!(しかも何気に顔が整っているだけに余計に腹が立つ)

つーか、マジ寒い思いをした。 しかし、こちらの気のせいという可能性もある。無言でその場を立ち去り、dvdレンタルコーナーの二階へ…行くと、すぐ後ろをそいつも着いてくる。階段ひとつの距離で。
気のせい気のせい。
しかしこっちを見ている気もする。気持ち悪い。こっちを見ながら通り過ぎていく。店の奥に消えた。
気のせい気のせい。
そのままDVDを見ることもせず、レンタル棚の角を曲がってUターンし、気付かれないうちに又本屋に戻って、とりあえずいるものを物色してレジへ…行くと、また本屋でこっち見てる~~~ッッ。

付きまといか!? つきまといだなっ!?

さすがにこれ以上は怖いので走って駐車場に向かい、車に飛び乗った。
鍵さえかければこっちのもんだっ。


そういう対照にされる、というのは、何と言うか。もう本当にものすごいストレスです。プレッシャーです。慣れません。ああいうときに声を出せる人や、手をひねれる人ってすごいと思います。痴漢はじっと目をにらみ返すのが効果的と聞いたことがありますが、それってものすごい気力じゃ? 
痴漢で終わればいいけど、駐車場に向かうときの暗闇で人のいない間にもし追いつかれたら、と携帯を握りしめたのは言うまでもない。こういうとき110番を入力してボタン一つでつながる状態にしておいた方がいいんだろう。さすがにそこまでしませんでしたが。

いやはや、まだ年齢的に若いと自分を慰めるのがいいのか。納得させるのがいいのか。
田舎だけに、また本屋で遭遇しそうで嫌なんだよなぁ……。
[PR]

by nanamako | 2008-06-12 21:38 | 日々を重ねる