玉置浩二2007年ツアー「惑星」 イン神戸

本日、玉置浩二のライブだったのでした~。

ずっと絶え間なく続いている仕事の関係で、体も精神的にもしんどくて・・・正直、今日出かける用意をすることすら億劫だったのでした。
前日までライブのことをほぼ忘れていたくらいだったし。
当然、事前にCDを聞いて気分を盛り上げることもできないまま、ふらふらーっと会場に向かったのでした。

ちらっとだけ、「行くのやめちゃおっかな」と考えたりもしましたよ。
でもさすがにチケットが無駄になるのはもったいない。

外にでるための身づくろい、特に顔を作るのがめんどくさいんだよなぁ。ちんたらちんたら。
神戸に着くまでちんたらちんたら。

開演ギリギリに席に着く始末。

が。


始まってしまうともう、それまでの鬱屈とした気分が吹っ飛ぶ!


ギターの切れのいい音と、玉置さんの声に鳥肌が立ちました~。
いつもライブの最初にくるんですよね、この武者震い。

きてよかった。
なんで、ちらっとでも「行きたくない」だなんて思ったんだろう!?
この、出不精の引きこもりのオバカ!!

と、内心で自らを罵倒するワタクシ。




今回のライブはですね、予備知識なかったからなぁ。
曲目は全然わかりませんでした。
もちろん、よく知ってる曲ですがタイトルが出て来ん。
「惑星」とツアータイトルにあるように、新譜の「惑星」からたくさん選曲されてはいたけれども、残念ながら曲目が一致せず。

全体的に思ったのは、今回のツアーはいつもより男くさいなあ、と。
ドラムとパーカッションが入っているため重低音がより迫力があり、ベースはチェロを使ったり。ズンズンと直接お腹に響く力強い音。客席もリズムが取りやすかったのではないでしょうか。
いつもピアノ担当で入ってる、さっちゃんこと玉置さんの奥さんである女性が、今回は海坊主のように頭がつるつるした男性になっておりました。
なんでかな?
と、いぶかしんでいたら、曲のアレンジで判明。
去年は昔の曲も当時のままに近いアレンジで演奏されたのですが、今年は昔の曲に関してはちょいと大人っぽくしっとりとアレンジされてました。
特にワインレッドの恋なんかは、トランペット主体のジャズ風味で、オットナ~な雰囲気。


海坊主さん、なにげにすごい。

最初シンセから始まり、次にトランペットを吹き、そのまた次にフルートを担当し、さらにハーモニカをこなす。
管弦楽器担当なんだろうな・・・でもシンセも?
プロとしてやろうと思ったらなんでもこなせないと、スタジオミュージシャンは成り立たんのやね。と、余計なお世話と言われそうなことを思わず考えてしまう。

中盤はしっとりと。バラード中心。
いつもは、立ったり座ったり、ちょいと整理されてない感じがあるのですが、今回はきっちりと演奏側がこっからここまでが立ってちょうだい、ここから座ってね、ラストに向けてまた立つよ。とはっきりと決めてくれてて、判りやすい。

んで、後半はさらに盛り上がって、今度はロック!!
今年で玉置さんのライブに行きだしてから四年目だと思うんだけど、今までの中で一番ギターがやかましく(笑)音が派手でしたね。
玉置さんの声もバリバリに出てたし!
や、男らしい!


次は来月の大阪厚生年金会館での玉置さんライブ、二回目♪
一年で二回行くのは初めてなのだ。

次は、あそことあそこで拳をあげるぜ!

と、早くもわくわくしております。
[PR]

by nanamako | 2007-10-14 01:47 | 玉置浩二&安全地帯