あなたがオススメのポータブルオーディオは?

ほしいものリストなるものを作るのが趣味です。

片っ端から買いたいものをリストにしていく。
値段の高低は拘らない。
百円くらいの歯ブラシから、十数万のパソコンまで。
靴やかばんや服まで挙げていればきりがない。
でも、こうすることによって一旦距離をとることができるので、衝動買いをせずに、いるものを選択できる・・・はずなのです。

これぞと思う欲しいものができると、それと同時に使ってもいい貯金を始めます。
切り崩したくない貯金とは違って、使うことが目的の貯金なので、たまればたまるほど高い買い物ができます(当たり前ですね)。使ってもいいと思うと、貯金するのが楽しくてしょうがない。先に貯金する分を取り分けてしまうと、数百円単位の買い食いとか、ボロボロこぼれていくような無駄な安物買いから引き締めてゆくようになる。結構すぐに10万くらいたまるのである。
(つまり普段かなりの無駄遣いをしていることになるわけだ~)

で、ここでまた欲しいものリストを見ながら考えてみた。
何が買えるだろうか、と。

欲しいものはあれこれある。
DSソフト「英語漬け」
      「漢字検定」
      「常識力トレーニング」
      「ドラゴンクエスト8」

パソコン

夏服 スカート パンツ アクセサリ 口紅 

旅行資金

360度動かせるガラガラ付のキャリーケース

資料用の本(一万円ほど)

DVDレコーダー


私が最近ものすごく欲しくて、使ってもいい貯金を始めたきっかけになった筆頭のものというと、モバイルパソコンである。
移動時間にHPを見るのが目的なため、多機能でないほうがいい。
携帯しやすい軽量タイプがもっとも適している。


・・・・・・と思っていたんだけどね。


いざ使おうとしたら、リストに載っていないものを・・・・・・今、まさに買おうとしている。
パソコンから買おうとしている。

いや~そういや、ずっと欲しいと思っていたものの、そういやすっかり忘れていたもの。
あったらうれしいけど(なかったら当然寂しいが)、なければないままですんでしまうもの。


ポータブルオーディオ!



そうだ、ipodを買おう!



実は姫路の帰りに寄った本屋で、川島教授慣習の「一日10分! 『英語回路』育成計画」と松澤喜好の「英語耳 発音ができるとリスニングができる」 を買ってしまったのだ。
職場にスポーツ観戦が好きで、アメフトとNBAを見るためにアメリカ番組を見てCNNを見るようになり、アメリカに単身スポーツ観戦して、関連記事をサイトで検索していくうちに自然と英語力がついたというひとがいるんですけどね、その人を見るたびに英語とか語学は勉強じゃなくてトレーニングなんだなあ・・・と思っていたんですよ。まさに習うより慣れろ、を体現してくれたひとが目の前にいるといろいろ刺激されます。

で、そのトレーニングにはどうしても携帯できるオーディオ機器がいる。

よっしゃ、買おうじゃないか。

と、昨日仕事帰りにバスの中で考えて、息巻いていたわけです。



ポータブルオーディオといえば、この機種しか知らないものですから、勢いのままipodを買おうとしたんです。ついさっきまで。今日この足で電気屋さんに走ろう!と。
でもねえ、その前にちょっと調べておいたほうがいいんじゃない?
そう思って、一呼吸置いてみる事にしました。

当然ですが自分が何を求めているのかによって、選ぶメーカーも変わってきます。
ipodのいいところってなんだろう?

まず、デザイン性。
これは他のメーカーよりダントツです。

・・・でも、ワタクシ、正直デザインより機能性を重視したいタイプなの。

英語トレーニングがきっかけでも、音楽を聴くときの音質は重要です。
私がたくさん持っている玉置さんの曲を全て収納できるだけの(それもロスレスで)容量と、携帯がしやすいこと。
これは外せないのである。

ipdはいろいろ機能がついてるところは優秀かもしれない。機能レスポンスはオッケー。
けれど音質はあんまりいけてない・・・・・・らしい。
重量に関しては、30GBの容量の機体だと大体どこのメーカー品も130~140gくらいになるので、これはどこでもいい。

調べていくうちに、あんまり音質が評判悪いのでipodを買う意気込みがしぼんだ。

大体、音質重視してある機械は機能レスポンスが悪く、さらに値段が張る。機能充実型は音質が悪い。


レスポンスと音質が平均的で値段が嘘のように安かったのが 東芝「gigabeat G23」¥17720(!!)

音質がどこよりも良いと評価が高かったのが、ケンウッドの「Media KEG HD30GB 9-B」¥40500(!!)←そして一番重量が重かった!



どー思います? この値段差!!

ケンウッドはもともと音には定評があり、いつもコストパフォーマンスより音質に拘る会社なので、ワタクシもすきなのです。
ただ、音質以外はへぼで、全く機能面ではオール妥協している・・・とのこと。(これは会社側の意見ではありませんよ、念のため)。イヤホンもかなりいいものを使って聞くなり、自分でもかなり拘る聞き方をする人じゃないなら、ipodを買うほうが断然お勧め・・・らしい。

東芝のほうは、音質もipodに比べれば音がいいかもしれないが、レビュー等では低音が弱いと書かれている。
あと、機能面に関しては断然劣る。どちらにしてもマイナス面が多数書かれているのである。


音質に拘る場合、買う必要があるイヤホン。音漏れがなく、耳の中が真空状態になるカナル型がいいとかなんとか。
評判の良かったのが

シュアの「E4C」¥21800(!!!!!!)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんかもう、買えばいいのか、いっそなにも買わないほうがいいのか、わかんなくなってきた。
ん~、とりあえず、音に拘るならイヤホンに二万は出せってことは理解した。わかった、買う。(本体もないのにか!?)

ポータブルに六万以上も出すのって結構・・・・いや、かなり痛いよなあ・・・・・・。
だから渋ってるわけですが。

でも、安い東芝に走るより音質の高級品にとても心惹かれています。

どうしようかなあ。


私が玉置さんを愛してなかったら迷わず安いほうに走るんだけどな。
[PR]

by nanamako | 2007-07-04 15:56 | 日々を重ねる