実は超多忙なの

実は原稿に手がつけられません。

超多忙とは言っても、これが普通の人の日常生活ってやつなのでしょう。
でも、原稿と両立するとなると話は別です。

今月26日から旭化成でバイトすることになりました。
友人が派遣会社の人事の面接官をやっておりまして、その伝でちょちょいと書類を作成して登録してもらったのです。
もちろん面接も受けましたが、なんせ友達だし・・・今更なにを知りたいのか?とお互い思ってしまったので、当日の面接は二人で「なんかあったら電話で聞くし・・・」というだけでした。面接で緊張しないというのは非常にありがたかった(涙)

なぜいきなりバイトなんぞしようと思ったかというと、大阪のアシスタントも姫路のアシスタントも七月の半ばから八月末まで仕事がないから。
大阪の仕事なんて今年既に一回飛んでるだけに、二回も連載を休まれてしまうとこちらの皮算用が大きく狂ってしまう~(怒)
なんか先生が海外でサイン会をするらしい。
その日程がどうしても原稿締め切りと重なるので、しょうがなく今回は休載になったらしい(# ̄З ̄) ブツブツ

一ヵ月半くらいちょっと長いバカンスだと思って遊ぶか
原稿に明け暮れてやってやろう魂を見せるのか
金の亡者になって働きまくるのか

ワタシが選択したのは金の亡者になることでしたのよ。
考えてみたら、こうやって毎日通勤して仕事に行くのは初めての経験なのです。
ちょっと新鮮ですね。
仕事でいくら遅くなろうとも、いったん家に帰ってくることが出来るってのは、やっぱりアシスタントよりは楽だなぁ・・・。

しかししかし、抱えている原稿が本当に間に合わない感じなのです。
ゼロナイ原稿の締め切りなんて9月20日くらいなんだけど、実際ゼロナイに手をつけれるのは八月末くらいかもしれない。
なのに、ページ数は100p越してる上、背景の下絵すらまだまだ終わっていない。

む、無理や~ん!!!


日程の整理をしてみたら、本気で時間がないことに気がついて今更ながらに大焦りしてます。

原稿に明け暮れる夏にしとけばよかったかもしんない。
[PR]

by nanamako | 2006-07-27 02:42 | 日々を重ねる