見えない記憶





手元に一通のメール。

ハリーポッター ハーフブロッド プリンス Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (UK)  をご注文いただきまして・・・うんぬんかんぬん。


記憶にない。
注文した記憶はないのでございます。


またやってしまった・・・。
寝る前に睡眠導眠剤を飲む。そしてよせばいいのに、自分はしっかりしていると思って、ネットをつけては通販したりオークションで何か買っていたりする。
それをあとからメールで確認されて始めて気がつくときの驚きと言ったらあんた。

は?
なんのこと?
それ、誰がやったの?

と、本気で言いたくなる。

しかし、意識朦朧の私はしっかりと、相手と交渉を何度かしており、入金の期日から、送料の間違いの指摘やら、いろいろやっていた・・・・・・らしい。
意識はなくても、やるこたやってるんだなぁ。と変な関心をしてしまうけど(笑)

で、今回も昨晩意識朦朧としているときに、英語なんてもう中学生で習うような英語でも全く分からなくなってきているというにも関わらず、ハリーポッターの原書本をアマゾンで買ってしまった。・・・らしい。
言っておくがその記憶が無い。
先日からずっとハリーづいてるからか、どうも英語でもいいから続きを早く読みたくてしょうがないのだ。しかし・・・。


どうするんだ。 英語だぜおい?!


最新刊が日本で発売されるのは来年の五月から六月くらい。
そんなに待てないと、昨晩の私は思ったんだろう。
しかし、だれがその英語を読むと・・・?
いや、頑張って読み薦めようとしようとしても、きっと一ページ読むのに何時間もかかるんだよ・・・学生のとき以来触ったこともないような辞書を片手に単語を調べて、結局何が調べたかったのかだんだん分からなくなるんだよ。
どんどん話が読みたいはずなのに、英語が分からなくてストレス溜まりそう・・・・。

でも、やってやろうじゃないか。
一冊くらい読破したらもしかしたらちょっとは英語に強くなってるかも知れないよ。
きっと来年の初夏に発売される日本語版を手に入れたら、読まなくなりそうですが。
[PR]

by nanamako | 2005-12-20 03:49 | 日々を重ねる